• Top
  • News
  • 【受賞】松岡聡研究室が中心となって提案した住宅のアイデアが「エネマネハウス2017」に採択されました…

【受賞】松岡聡研究室が中心となって提案した住宅のアイデアが「エネマネハウス2017」に採択されました。

2017年06月24日

エネマネハウス2017プロジェクトにおいて松岡聡研究室が中心となり、近畿大学と協力事業者が連携して提案した「エネマネRハウス」が採択されました。他に4チーム(京都大学、首都大学東京、武庫川女子大学大学院、早稲田大学+芝浦工業大学)が採択されました。2017年10月から「うめきた」にて実際に建設、性能の実証し、さらに12月上旬に一般公開されて、5チームからグランプリを決めます。

「エネマネハウス」とは、大学と民間企業等の連携により、先進的な技術や新たな住まい方を提案するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(年間での一次エネルギー消費量が正味ゼロの住宅) のモデル住宅を実際に建築し、住宅の環境・エネルギー性能の測定・実証や、展示を通じた普及啓発を行うプロジェクトです。これまでに、第1回エネマネハウス2014が東京ビッグサイトで、第2回エネマネハウス2015が横浜みなとみらいで開催されました。第3回目となる今回は、「“LIFE DESIGN INNOVATION”~住まい・コミュニティに多様な新しい価値を創造する~」をテーマに、関西での初開催となります。会場は大阪駅前・うめきた2期区域です。

「エネマネハウス2017」

スケジュール:
3月31日~5月25日: 参加者募集
6月中: 審査: 採択
8月~9月頃: 中間報告会
10月下旬~11月中旬: うめきた2期区域にモデルハウスを建築
11月中旬~11月下旬: モデルハウスの実証・測定
12月上旬~中旬: モデルハウスの展示・一般公開、表彰式

主催:
エネマネハウス2017事務局
共催: 大阪市
後援: 一般社団法人 日本建築学会

> エネマネハウスHP

Leave a Comment